2018年2月3、4日 雪の八ヶ岳  
主峰を縦走してきました。  
 
かがりび山の会へ
 
参加者 男性4名
地図
コース 2/3
柏IC4:00⇒首都高速⇒八王子料金所4:50⇒談合坂SA5:10-5:30⇒小淵沢IC6:40⇒美濃戸駐車場7:00
美濃戸7:30→美濃戸山荘8:30→南沢→行者小屋11:45-12:15→赤岳山頂13:50→赤岳展望荘15:40
夕食18:00  消灯21:00 
2/4
起床5:30、6:00昼食、赤岳展望荘発7:00→横岳9:00→硫黄岳10:45→赤岳鉱泉12:00‐12:15→美濃戸駐車場着14:40
駐車場発15:00⇒小渕沢IC⇒八王子料金所⇒柏IC17:50⇒柏GS18:30 解散
報告 2/3(土)現地 晴れ時々曇り 赤岳山頂風あまり無し
早朝3時30分柏を出発し、首都高速経由で中央道に入り小淵沢ICで一般道に入る。八ヶ岳周辺の道路は除雪されてはいるが、雪道である。美濃戸の駐車場には既に多くの登山者が入っている。早速準備をして出発。
林道は雪道である。途中の美濃戸山荘まで車が入っている。このあたり積雪50p程度か。暖かな天気の中、南沢ルートで行者小屋を目指す。雪が美しく、快適なルートである。
11時45分行者小屋に着くころには少し疲れてくる。ここより主峰が良く見える。テント場も賑わっている。雪の文三郎尾根に取りつくと、すぐに赤岳への急な登りが始まる。
稜線に着くころにはかなり疲れる。この先岩場を注意して超え、13:50やっと山頂に着きホット一息する。この先、急な稜線の下りを注意して下ると、赤岳展望荘に着く。
かなり大きな小屋で100人くらい宿泊している。運よく2人ずつの個室に入ることができた。この山荘、食事もバイキング形式で良く、トイレもバイオトイレできれいであった。おかげでゆっくりすることができた。 
2/4(日)現地 晴れ 稜線風10〜15m あまり強風ではない
ゆっくり寝たおかげで昨日の疲れも取れた。さすがに早朝の山頂は寒い。−15℃程度か。天気が良くこれから行く雪の縦走路が良く見える。富士山もその雄姿がはっきり見える。風もあまり無く絶好の登山日和である。
足元に注意しながら、横岳を目指す。途中急な岩場などが有り注意して進む。横岳着9時、山頂からの眺めも素晴らしい。この先硫黄岳までも、岩場の巻道などが有り注意して進む。このルート、あまり登山者に合わない。10人程度か。
最後の横岳から硫黄岳までの広いガレ場の登りを、頑張って登ると広い硫黄岳山頂に着く。ここでほぼ今回の目的達成。予定より時間をオーバーしているので早々に赤岳鉱泉に下る。
赤岳鉱泉の広場では大きな人工氷壁が作られており、氷壁登りのイベントが行われ多くの登山者で賑わっていた。ここで一休み後、一気に美濃戸駐車場まで下る。
帰りの高速道路も、混雑せずに順調に柏に替えることができた。今回は天気に恵まれ、メンバーの頑張りもあり所要時間はオーバーしたが快適な山行となった。来年も体調を整えてぜひ行きたいものである。
        
文三郎尾根の登り キレット分岐場所
        
赤岳山頂2889m 赤岳展望荘への下り
           
朝焼けの赤岳 横岳を目指す
     
快晴の横岳山頂2829m 縦走路最終の広い硫黄岳山頂2760m
  
縦走路より富士山、赤岳、阿弥陀岳
1