2018年12月15日 筑波連峰  
忘年山行として筑波連峰を交差縦走しました。  
 
かがりび山の会へ
 
参加者 男性11名 女性8名
地図
コース 筑波連峰ハイキングコースの交差縦走。参加者を2班に分け、A班はJR水戸線岩瀬駅から加波山神社を、B班は逆コースを歩く。
A班
柏駅06:00出発⇒真壁町セブンイレブン07:20⇒?岩瀬駅駐車場8:00…御嶽山8:40…雨引山9:50…(A班B班交差)11:00…燕山12:35…加波山神社13:05…加波山頂13:30…?加波山駐車場14:00⇒ 真壁町セブンイレブン14:50⇒ゆりの里(一浴)15:30⇒守谷市GS19:00解散
B班
柏駅(6:00)--セブン真壁店(7:30)--加波山登山口駐車スペース(8:00)(8:15)--加波山(9:10)--燕山(9:30)(9:40)--途中A班と出会う(10:45)(11:15)--雨引山分岐(12:20)--雨引山(12:35)(13:00)--御嶽山(13:45)--岩瀬駅駐車場(14:30)セブン真壁店(14:45)--ゆりの郷(15:30)(16:30)--GS(18:45)精算後に解散
報告
A班
快晴無風の中、A班9名全員が快適な低山ハイクを楽しみました。落ち葉の絨毯を踏みながら、凍える空気の中を歩くのは、爽快そのものでした。また、登山道も適度なアップダウンがあって歩きやすく、冬の一日を楽しく遊べる場所でした。
一昨年、昨年の忘年山行は、バンガロー、避難小屋に泊まって忘年会を行うというものでした。 そのため、ハードルが高く、参加する会員が少ない状態でした。 今年は、参加者19名という大盛会の忘年山行になりましたが、柏に近い山域の日帰り低山ハイクということが、参加者増加の主要因だったと思います。 また、交差縦走という企画もおもしろい試みでした。
B班
加波山登山口駐車場を出発し、加波山神社でのお参り、燕山から雨引山までの長い稜線歩きを楽しみました。その途中途中、岩瀬駅から出発したA班と出会いました。その後、雨引山の展望を楽しみ、岩瀬駅まで下山しました。
コンビニ(セブン真壁店)でA班と合流し「ゆりの湯」で入浴後しました。守谷のGSで給油後に精算して帰宅しました。 天候に恵まれて、計画と準備と皆さんの協力で2018年の最後の山行を楽しみました。
A班:霜柱の残る雨引山への爽快な登山道 A班:快晴の雨引山山頂(409m)いい景色でした
B班:燕山頂上 B班:雨引山頂上付近からの筑波山
A班とB班合流
1